軟水と硬水って違うの?浄水器やミネラルウォーターの購入前に知ろう!

ウォーターサーバーや浄水器などを検討する時に気になる軟水や硬水の違い!何が違うのか見ていきましょう。

まずは結論からお伝えしますと、軟水と硬水の違いとは、ミネラルの含有量の差です。

ミネラルウォーターは大きく分けると、軟水と硬水に分類することができます。その違いは、、

  • 軟水はミネラルの含有量の少ないお水
  • 硬水はミネラルが豊富に含まれているお水

また、ミネラルはカルシウムとマグネシウムの量で定められています。

軟水は日本の多くの地域で採掘され、実は水道水も軟水が一般的です。
そのため日本人にとって最も馴染みやすいお水ですが、ミネラル自体は少ないというデメリットがあります。

硬水は非常にクセが強いお水です。料理などでは、上手に軟水と硬水を使い分けるようにすると良いでしょう。

軟水と硬水の定義は実は世界と日本では違う!?

世界の基準を決めているWHOの定義
  • 軟水:60mg/L未満
  • 中程度の硬水:60mg/L〜120mg/L
  • 硬水:120mg/L〜180mg/L
  • 非常な硬水:180mg/L以上
日本での分類上の定義
  • 軟水 100mg/L未満
  • 硬水 100mg/L以上

日本においては独自に上記のように定めています。

結論は、WHOの基準と比較すると、日本は軟水と定義している範囲が広いことが分かります。

ペットボトルなどのお水がどちらの定義をされているかは、商品によって異なるため、しっかり硬度もチェックしましょう。

たまに聞く「硬度」って何?

「硬度」という言葉の意味をご存知でしょうか?

硬度とは、水に含有しているカルシウムやマグネシウムなどの量を、炭酸カルシウムの量として数値で表したものです。

つまり「硬度が高いと硬水」、「硬度が低いと軟水」と呼ぶことができます。この違いを知りコンビニなどでのあなたが普段飲んでいるミネラルウォーターの硬度がどのくらいで、軟水/硬水のどちらに分類されているのか選ぶと良いかと思います。

軟水の特徴、メリットデメリット

日本で採掘されるお水のほとんどが軟水です。北海道から沖縄の水道水の多くが軟水を処理しています。つまり、日本人にとっては軟水が馴染みがあるお水でしょう。

軟水のメリット

軟水の最大の特徴はクセやニオイが少ない!

そのため、どのような料理に使っても風味などを保てるメリットありです。だから、料理や飲み物に使いやすいと言えます。

例えば、日本料理の場合、素材そのものの味を大切にしています。硬水だと素材の風味を損なう恐れがあるため、日本料理をつくるときには軟水がベターです。

お茶やコーヒーを飲む時もの香りを楽しむためにも軟水を使用してみましょう。

誰でも安心して飲める!

たとえば赤ちゃんの場合、まだ臓器は完全に出来上がっていません。そのため、極端にミネラルを摂取すれば臓器に負担がかかり、体に悪影響を及ぼす恐れがあると言われてます。

また、腎臓などの病気の人も硬水は適していません。軟水であれば、赤ちゃんや病気を抱えている方、高齢者など、誰でも安心して飲めることができます。

純水(RO水)も利用しましょう

純水と言うお水があるのを知っているでしょうか。純水とは、特殊な膜を用いて、お水に含まれるミネラルや不純物を最大限除去したお水のことです。

不純物が含まれないため、体に余計な負担をかけることはありません。そのため乳児でも安心して与えることができるでしょう。

つまり誰でも安心して飲めるお水と言えるでしょう。

純水(RO水)なら定額制の【ウォータースタンド】


併せて読みたい

赤ちゃんのための浄水器!どんな基準で選ぶべき、ママ目線で徹底検証!
赤ちゃんがいる家庭では、浄水器をお考えの方は多いと思います。生まれたばかりの赤ちゃん!特に体に入るものには気をつかいますよね!ミルク作りや離乳食作りなど赤ちゃんに便利な浄水器は、妊娠・出産をきっかけに多くの方が利用を始めています。このサイトではママ目線で浄水器を徹底検証します。

肌や髪にも良い!

海外旅行に行った時に髪を洗うと、パサつきませんか?それは、硬水に含まれるカルシウムやマグネシウムの影響です。

肌や髪のためにはミネラルが少ない軟水を使用した方が良いです。また、軟水の方が泡立ちも良いという特徴があります。

軟水のデメリット

ミネラル分が含まれていない!

軟水はミネラルの含有量は少ないです。でも、ミネラルウォーターを飲んでいる人の中には、ミネラルをとりたいと思っている人もおられます。

ミネラルは身体を正常に機能させるためには欠かせませんので、それをミネラルウォーターで少しでも補給するのは効果的と言えます。

硬水の特徴、メリットデメリット

 

 

硬水は日本ではほとんど採掘されていません。採掘エリアは欧州が多いため、欧州の人にはなじみのある水です。馴染みないため、やや飲みにくいと感じてしまう事も多いです。

硬水のメリット

便秘解消の効果あり!

硬水はマグネシウムの含有量も多いお水です。マグネシウムは便秘薬に使われている成分なので、便秘解消に効能があると言われています。そのため、硬水を飲むことで便通を促進させる効果が期待できます。このことでダイエットにも良いとされ、ダイエット中の女性から注目されています。

動脈硬化などの病気予防!

硬水を飲むことによって血液をサラサラにし、心筋梗塞などの予防に繋がるでしょう。

煮込みの料理に適している!

硬水には、肉のニオイを消臭する、灰汁を出すなどの効果があると言われています。そのため、煮込み料理やお肉料理に最適です。

硬水のデメリット

お腹がゆるくなる硬水はミネラルが豊富なため、便秘解消効果が高いですが、逆に下痢ぎみの人にはの症状を招いてしまう恐れがあります。

赤ちゃんや小さな子供は摂取はNG!

硬水は赤ちゃんに与えるのは良くないとされています。ミルクを調乳する際の水分としても使用するのはやめましょう。

 

軟水、硬水の違いのネット上での口コミ

集めてみました。参考に、、、、

軟水と硬水の違いのまとめ!

軟水と硬水の違いとは、ミネラルの含有量の差です。ミネラルウォーターには軟水と硬水に分類することができます。

軟水はミネラル分が少ないですが、非常に飲みやすいのが特徴です。硬水はミネラルが豊富なため、便秘解消効果が高いです。

それぞれの特徴を理解して、浄水器やミネラルウオーターを選びましょう。また、純水はミネラル分などをほとんど除去したお水ですので、赤ちゃんや病気の人には適したお水です。